ZF、BMWから新世代8速ATを受注…電動パワートレイン車向け

ZFが生産している8速AT
  • ZFが生産している8速AT

ZFは4月4日、新開発の8速ATに対して、BMWグループから20億ユーロ(約2500億円)分の受注を獲得した、と発表した。主にハイブリッド車など、電動パワートレイン車向けとなる。

ZFは2009年から、8速ATを生産している。新開発となる最新バージョンの8速ATでは、モーターなどの電動パワートレインと一体設計されているのが特長になるという。

新世代の8速ATは、ZFのドイツ・ザールブリュッケン工場において、2022年から量産を開始する予定。ZFはまた、将来的に米国と中国など、他の国でも生産を行う計画だ。

新世代の8速ATは、ほぼすべてのクラスの車両に取り付けることが可能。アップグレードされたトランスミッションは、将来のeモビリティの要件に合わせて開発されている、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集