三菱 パジェロスポーツ、日本導入なるか…改良新型テスト車両をスクープ

三菱 パジェロスポーツ 改良新型 スクープ写真
  • 三菱 パジェロスポーツ 改良新型 スクープ写真
  • 三菱 パジェロスポーツ 改良新型 スクープ写真
  • 三菱 パジェロスポーツ 改良新型 スクープ写真
  • 三菱 パジェロスポーツ 改良新型 スクープ写真
  • 三菱 パジェロスポーツ 改良新型 スクープ写真
  • 三菱 パジェロスポーツ 改良新型 スクープ写真
  • 三菱 パジェロスポーツ 改良新型 スクープ写真
  • 三菱 パジェロスポーツ 改良新型 スクープ写真

三菱自動車の世界戦略SUV、『パジェロスポーツ』改良新型プロトタイプを、豪雪の北欧でスクープサイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

パジェロスポーツは、1996年に初代が誕生。日本では、2001年まで『チャレンジャー』の名で販売されていたクロスオーバーSUVだ。現在では世界約90か国で販売される人気グローバルモデルへと成長している。

捉えたプロトタイプは、厳重なカモフラージュに包まれているが、フロンドエンドには、進化した最新のダイナミックシールドが与えられ、『エクリプスクロス』に寄せたデザインが予想される。リアエンドでは、大型ルーフスポイラー、新グラフィックのテールライトの一部などが見てとれる。

パワートレインは、2.4リットル直列4気筒ガソリン/ディーゼルエンジンをラインアップ。遅れてハイブリッドモデルの設定も予想される。

ワールドプレミアは2019年後半と思われるが、注目は日本市場への復活だ。最新情報では、既に日本再導入が確定しているとも噂されている。実現すれば、今秋の東京モーターショーで公開後、2020年にも日本発売となるかもしれない。

◆話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
http://spyder7.com/

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

特集