プジョー 208 新型、508 風フロントマスクに変身…航続400kmのEVも設定へ

プジョー 208 次期型スクープ写真
  • プジョー 208 次期型スクープ写真
  • プジョー 208 次期型スクープ写真
  • プジョー 208 次期型スクープ写真
  • プジョー 208 次期型スクープ写真
  • プジョー 208 次期型スクープ写真
  • プジョー 208 次期型スクープ写真
  • プジョー 208 次期型スクープ写真
  • プジョー 208 次期型スクープ写真

プジョーのコンパクト・ハッチバック『208』の新型プロトタイプを、豪雪のフィンランドでカメラが捉えた。ヘッドライトはダミーだが、兄貴分『508』風のフロントマスクが予想されている。

捉えた開発車両はワイドなエアインテーク、ヘッドライトからバンパーへつながるLEDデイタイムランニングライトの一部などが見てとれる。またリアエンドでは、508に似たテールライト、大型のルーフスポイラーやツインエキゾーストパイプを装着していることから、高性能モデル「GTi」の可能性があるようだ。

新型では、『DS 3 クロスバック』と共有するプラットフォーム、「CMP」(Common Modular Platoform)を採用。トレッドを拡大し、ホイールベースを延長。居住空間が向上するとともに、軽量化が図られる。コックピットには、フルデジタルクラスタとなる第2世代「i-Cockpit」を搭載。508と似たデザインが見てとれる。

パワートレインは、1.2リットル直列3気筒エンジンを搭載。GTiは最高出力225psまで向上する1.6リットル直列4気筒ターボエンジンが予想される。また新型にはEVの設定も確実視されている。こちらは、最高出力115ps程度を発揮する50kWhバッテリーを搭載、実質的航続距離は400km程度を目指しているようだ。

ワールドプレミアは、3月のジュネーブモーターショーと予想されている。

◆話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
http://spyder7.com/

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

特集