初登場のアストンマーティン、DB11 AMR など展示予定…東京オートサロン2019

アストンマーティン DB11 AMR
  • アストンマーティン DB11 AMR
  • アストンマーティン・ヴァンテージ新型

アストンマーティンは、2019年1月11日から13日までの3日間、幕張メッセで開催される「東京オートサロン2019」に初出展する。

今回の出展では、「AMR(アストンマーティン・レーシング)」を中心にしたプレゼンテーションブースを予定。AMRは、アストンマーティンのモータースポーツ活動から得たテクノロジーを活かし、スポーティな本質の強化を図ることを目的としたサブブランドだ。

今回のブースには、歴代DBシリーズ最強パワーを誇る『DB11 AMR』を展示予定。DB11 AMRは、5.2リットルV12ツインターボエンジンを高性能化し、最大出力は約639psを発生。0~100km/h加速3.7秒、最高速335km/hを実現する。

このほか、2017年11月のワールドプレミアされた新型ピュアスポーツ『ヴァンテージ』を展示。メルセデスAMGから供給される4リットルV8エンジンは最高出力510psを発揮。軽量ボディとあいまって、0-100km/h加速3.7秒、最高速は314km/hに達する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集