都市向けシャトルサービス、ボッシュが自動運転EVを提案へ…CES 2019

ボッシュの自動運転EVコンセプトカー
  • ボッシュの自動運転EVコンセプトカー
  • ボッシュの自動運転EVコンセプトカー
  • ボッシュの自動運転EVコンセプトカー
  • ボッシュの自動運転EVコンセプトカー
  • ボッシュの自動運転EVコンセプトカー
  • ボッシュの自動運転EVコンセプトカー
  • ボッシュの自動運転EVコンセプトカー
  • ボッシュの自動運転EVコンセプトカー

ボッシュ(Bosch)は12月12日、米国ラスベガスで2019年1月に開催されるCES 2019において、新たな自動運転コンセプトカーを初公開すると発表した。

ボッシュの新たな自動運転コンセプトカーは将来、都市部での導入が見込まれる自動運転のシャトルサービス向けに開発された1台だ。24時間365日利用可能なシャトルサービスでは、完全自動運転のEVを使用する。

このシャトルは、スマートフォンで予約できる。ボッシュのシステムは、ユーザーのいる場所に最も近い車両を特定し、同じルートで移動する他のユーザーを見つける。シャトルに乗る乗客が多くなればなるほど、運賃が安くなる仕組みだ。シャトルがユーザーのいる場所に到着すると、ユーザーはスマートフォンをかざして、車両のロックを解除して乗り込む。

コンセプトカーのインテリアは、4人の乗客のためのスペースを提供するように設計した。インフォテインメントは、各乗客が個別に使用できるスクリーンに表示される。たとえば、オフィスに行く途中でプレゼンテーションを行うこともできる。車載Wi-Fiを使用して、インフォテイメントシステムとスマートフォンを連携させることが可能だ。

また、コンシェルジュサービスは、シャトルをパーソナルアシスタントに変える。あらゆる種類の情報を自由に利用できる。シャトルが目的地に到着すると、乗客はボッシュのe-ペイメントサービスで運賃を支払う、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集