マツダ 3/アクセラ 新型、セダンは全長82mmロングに、“低さ”強調…ロサンゼルスモーターショー2018[詳細画像]

マツダ3/アクセラ・セダン 新型
  • マツダ3/アクセラ・セダン 新型
  • マツダ3/アクセラ・セダン 新型
  • マツダ3/アクセラ・セダン 新型
  • マツダ3/アクセラ・セダン 新型
  • マツダ3/アクセラ・セダン 新型
  • マツダ3/アクセラ・セダン 新型
  • マツダ3/アクセラ・セダン 新型
  • マツダ3/アクセラ・セダン 新型

マツダは、ロサンゼルスモーターショー2018で新型『マツダ3』(日本名『アクセラ』)を世界初公開。北米モデルのボディタイプはハッチバックとセダンの2種類を用意した。

ボディサイズはハッチバックが全長4459×全幅1797×全高1440mmなのに対し、セダンが同4662×1797×1445mm。先代と比べると全長が82mmロングになっている。ハッチバック同様、新世代の「魂動デザイン」を採用しながら、ボンネットとトランクの高さを低く抑え、伸びやかなプロポーションとした。

新世代車両構造技術「SKYACTIV ビークルアーキテクチャー」に組み合わせられるパワートレインは、「SKYACTIV-G 1.5」「SKYACTIV-G 2.0」「SKYACTIV-G 2.5」「SKYACTIV-D 1.8」そして注目の「SKYACTIV-X」だ。ただし、SKYACTIV-Xの詳細スペックについては、2019年の各地での販売に合わせて徐々に明らかにされるようだ。

《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集