ボッシュが二輪向けメーターディスプレイ新開発、スマホと連携も…EICMA 2018

ボッシュの二輪車向け「インテグレーテッド コネクティビティ クラスター」
  • ボッシュの二輪車向け「インテグレーテッド コネクティビティ クラスター」
  • ボッシュ (c) Getty Images

ボッシュは(Bosch)は、ミラノモーターサイクルショー2018(EICMA 2018)において、二輪車向けの「インテグレーテッド・コネクティビティ・クラスター」を発表した。

インテグレーテッド・コネクティビティ・クラスターは、ボッシュの二輪車向け先進運転支援システム(ADAS)、「アドバンスト ライダー アシスタンス システム」のために開発された。各種機能を二輪車のライダーに向けて視覚化するにあたり、ユーザーに焦点を当てたHMI(ヒューマン マシン インタフェース)が求められることになり、インテグレーテッド・コネクティビティ・クラスターは開発された。

ボッシュのインテグレーテッド・コネクティビティ・クラスターは、従来の計器類と広範囲にわたるインフォテインメント機能を1つのデバイスにまとめたもの。Bluetooth経由でライダーのスマートフォンにつながる。ハンドルバーでの直感的な操作により、ライダーは電話への受け答えや連絡先リストへのアクセス、また音楽を聴くことが簡単に行える。

スマートフォン統合ソリューションの「mySPIN」によって、さらなる機能が利用できる。ライダーは自身のスマートフォンのコンテンツを、二輪車やスクーターに統合することが可能。完成車メーカーは、幅広い選択肢を持つオープンプラットフォームを利用することができるようになる。

mySPINには、外部のアプリ開発者が持つノウハウを活用できる可能性も秘められている。そのシンプルな使用感やライダーの注意散漫を招く要素を最小に抑えた設計により、ライダーの快適性や利便性の向上に貢献する、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集