新型 カタナ は2019年春復活が決定…スズキの二輪車事業、増収増益 2018年4-9月期

スズキの2018年4~9月期の二輪車事業の業績は売上高が前年同期比1.5%増の1263億円、営業利益が同7.4%増の40億円と増収増益となった。

二輪車の世界販売台数は同10.2%増の87万8000台と大幅に増加した。日本、その他は減少したものの、アジアが大幅に伸びた。アジアの販売は中国が落ち込んだものの、インド、インドネシアが増加し、同14.8%増の72万台だった。インドは『アクセス』が好調だったほか、7月には125ccスクーター『バーグマンストリート』を投入した。インドネシアは『NEX II』の投入で伸びた。

二輪車の通期販売見通しは170万8000台と、前回予想から6万2000台上方修正した。日本、欧州、北米は下方修正したものの、アジアの販売計画を前回予想から8万1000台増やした。

今後については、ケルンで開催された「インターモト」に出展した新型『KATANA』(カタナ)を販売することを明らかにした。『GSX-R1000』をベースに改良した、999cc直列4気筒エンジンを搭載したモデルを浜松工場で生産し、2019年春から欧州市場を中心に販売する。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース