【ホンダ NSX 2019年モデル】3モーターハイブリッド SH-AWD はエコ指向の設計ではない

NSX 2019年モデル メディアプレビュー
  • NSX 2019年モデル メディアプレビュー
  • NSX 2019年モデル メディアプレビュー
  • NSX 2019年モデル メディアプレビュー
  • NSX 2019年モデル メディアプレビュー
  • NSX 2019年モデル メディアプレビュー
  • NSX 2019年モデル メディアプレビュー
  • NSX 2019年モデル メディアプレビュー
  • NSX 2019年モデル メディアプレビュー

25日に国内正式発表されたホンダ『NSX』2019年モデル。特徴は前モデルから引き継ぐSH-AWDシステム。ハイブリッドシステムの一種だが、ふつうハイブリッドから連想するものとは設計思想が異なる。担当者によれば、いまのところこの制御はホンダしかできないという。

SH-AWDは1エンジン、3モーターを使った独自のハイブリッド4WDシステム。ミッドシップのNSXではエンジンは当然ながら後輪を駆動する。これにバッテリー駆動のモーターアシストシステムを追加している。仕組みとしてはホンダのi-DCDとほぼ同じものでエンジン出力と同軸上にモーターを配置する。モーターの制御は主に加速時のトルクと減速時の回生ブレーキによるトルクベクタリングなど。燃費重視の走行モードもあるが、基本的には走行性能アップのためにモーターを積極的に使う思想だ。

前輪は2つの独立したモーターで駆動される。こちらも走行条件やモードにあわせて最適な制御、トルク配分が行われる。コーナリングではよりドライバーの操作に忠実な車の挙動を再現するというもの。左右の前輪を別々のモーターで制御するのは難しい。モーターごとの特性で同じ回転数、トルクを保つことができないからだ。

NSXの開発担当者によれば、システムとしてはレジェンド(FF)に搭載されたSH-AWDの前後を入れ替えたものと言えるが、制御の方向性は競技車両と同じで設計しているという。走行モードはQUIET、SPORT、SPORT+、TRACKとあるが、SPORT+までは一般道でのシチュエーションを想定しており、TRACKはサーキットでの走行を意識したものとなっている。

SPORTモードを基本として、静かに乗りたいときはQUIET。ワインディングではSPORT+にすれば、よりクイックな動きになるという。TRACKモードは、VSAなどをカットし、よりダイレクトな加速、減速、コーナリングが可能になる。

《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

特集