メルセデスベンツ Cクラス、ディーゼルPHVを欧州で設定 ブランド初

メルセデスベンツ Cクラス のディーゼルPHV「C300de」
  • メルセデスベンツ Cクラス のディーゼルPHV「C300de」
  • メルセデスベンツ Cクラス のディーゼルPHV「C300de」
  • メルセデスベンツ Cクラス のディーゼルPHV「C300de」
  • メルセデスベンツ Cクラス のディーゼルPHV「C300de」
  • メルセデスベンツ Cクラス のディーゼルPHV「C300de」
  • メルセデスベンツ Cクラス のディーゼルPHV「C300de」
  • メルセデスベンツ Cクラス のディーゼルPHV「C300de」
  • メルセデスベンツ Cクラス のディーゼルPHV「C300de」

メルセデスベンツは10月10日、ブランド初のディーゼルエンジンを基本にしたプラグインハイブリッド車(PHV)を、『Cクラス』(Mercedes-Benz C-Class)の欧州仕様車に設定すると発表した。

メルセデスベンツは従来、CクラスやEクラス、SUVの『GLC』などに、PHVグレードとして、「350e」をラインナップ。この350eはガソリンエンジンを基本にしたPHV。

これに対して、今回発表されたのは、ディーゼルエンジンを基本にしたPHVで、「C300de」グレードを名乗る。新世代の「OM 654」型ディーゼルエンジンを搭載。ディーゼルの市販PHVは、メルセデスベンツブランド初。セダンとステーションワゴンに用意される。

PHVパワートレインは、エンジンが直噴2.0リットル直列4気筒ターボディーゼル。最大出力194hp/3800rpm、最大トルク40.8kgm/1600~2800rpmを発生する。モーターは、最大出力122hp、最大トルク44.9kgm。エンジンとモーターを合わせたシステム全体では、306hpのパワーと71.4kgmのトルクを引き出す。トランスミッションは9速AT の9Gトロニック。0~100km/h加速5.6~5.7秒、最高速250km/hの性能を発揮する。

二次電池は、蓄電容量13.5kWhの新開発リチウムイオンバッテリー。EVモードでは、最大57kmをゼロエミッション走行できる。最高速はおよそ130km/h。充電は、急速チャージャーを利用すれば、およそ1時間30分で完了する。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集