プリウス 125万台、ハイブリッドシステムに不具合…改善措置を修正して3度目のリコール

プリウス(30型)
  • プリウス(30型)
  • 改善箇所

トヨタ自動車は10月5日、『プリウス』のハイブリッドシステムに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2009年3月23日~2014年11月12日に製造された124万9662台。

ハイブリッドシステムにおいて、異常判定時の制御プログラムが不適切なため、急加速時等の高負荷走行中に昇圧回路の素子が損傷した場合に、フェールセーフモードに移行すべきところ、移行できないことがある。そのため、警告灯が点灯し、ハイブリッドシステムが停止して、走行不能となるおそれがある。
改善措置として、全車両、制御ソフトを対策仕様に修正する。制御ソフト修正後に素子が損傷して警告灯が点灯した場合は、電力変換器(DC-ACインバータ)のモジュールを無償交換する。

トヨタでは2014年2月、プリウスのハイブリッドシステムに起因する不具合が308件起きたことを受け、99万7000台を対象にリコールを届け出た。その後、2015年7月に『プリウスα』およびダイハツ『メビウス』にも同様の不具合が78件発生したとして、34万2401台を追加リコール。今回、改善措置に一部不備があったとして、その内容を修正して3度めのリコールを届け出た。

なお、ハイブリッドシステム不具合に起因する事故は起きていない。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタ プリウス など55万台、エンジン内配線不具合で火災のおそれ リコール 画像 トヨタ プリウス など55万台、エンジン内配線不具合で火災のおそれ リコール
  • ハイブリッドシステムが停止するおそれ…トヨタ プリウスPHV 2万台が対象【リコール】 画像 ハイブリッドシステムが停止するおそれ…トヨタ プリウスPHV 2万台が対象【リコール】
  • ラインナップ続々、国産EV&PHEV! しくみ・航続距離・使い勝手を比べてみた 画像 ラインナップ続々、国産EV&PHEV! しくみ・航続距離・使い勝手を比べてみた
  • トヨタ プリウス、賛否デザインにテコ入れ…改良モデル発表は2019年1月か 画像 トヨタ プリウス、賛否デザインにテコ入れ…改良モデル発表は2019年1月か

特集