カワサキ、Ninja 125 や Z125 などニューモデル8機種を出展 インターモト2018[写真差し替え]

カワサキNinja 125
  • カワサキNinja 125
  • カワサキZ125
  • カワサキNinja H2
  • カワサキNinja H2カーボン
  • カワサキNinja ZX-10R ABS
  • カワサキNinja ZX-10RR ABS
  • カワサキNinja ZX-10R SE ABS

川崎重工は、10月3日にドイツ・ケルンで開幕した「インターモト2018」に、欧州向け2019年ニューモデル8機種を出展した。

カワサキは今回、欧州のA1免許(16才以上、排気量125cc以下かつ15ps以下の自動二輪に乗車可能)保持者向けに開発した、フルカウルスポーツ『Ninja 125』とスーパーネイキッド『Z125』を出展。エンジンはA1免許の許容最大出力を発生しながらもスムーズな出力特性とし、フルサイズのシャーシはスリムで取り回しが良く、市街地やショートツーリングなどで優れた走行性能を発揮する。

スーパースポーツモデルでは、モデルチェンジした『Ninja ZX-10R ABS』『Ninja ZX-10RR ABS』『Ninja ZX-10R SE ABS』を出展。エンジン改良により出力を向上させるとともに、幅広いパワーバンドを実現し、装備も充実させることでサーキット走行性能を高めている。

さらに、フラッグシップモデル『Ninja H2/Ninja H2カーボン』『Ninja H2R』を出展。モデルチェンジを行ったNinja H2/Ninja H2カーボンは、一般公道仕様としてカワサキ史上最大のエンジン出力231psを実現し、新たにスマートフォン接続機能やフルカラーTFT液晶スクリーンを搭載した。フロントブレーキには、3モデルともにブレンボ社製の最新モノブロックキャリパーを採用し、ブレーキ性能を向上させている。

また、出展ブース内にヘリテイジコーナーを設け、レトロスポーツモデル『Z900RS』のカスタムモデル4台に加え、「Z」シリーズの始祖となる『Z1』を展示。レースコーナーでは、今シーズンのスーパーバイク世界選手権で4年連続シリーズチャンピオンを獲得したジョナサン・レイが駆る「Ninja ZX-10RR(カワサキレーシングチーム/ジョナサン・レイ号)」や、モトクロス世界選手権で活躍する「KX450F-SR(カワサキレーシングチーム/クレマン・デサール号)」をはじめとしたレース参戦車両を出展している。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集