MINIが究極進化…新型「JCW GP」をスクープ! 価格は5万ドル超えか

MINIが2017年のフランクフルトモーターショーで公開した『ジョンクーパーワークス GPコンセプト(JCW GP)』が市販されるようだ。生産型プロトタイプと見られる車両を、レスポンスの兄弟サイト、Spyder7のカメラが初めて捉えた。

自動車 ニューモデル 新型車
MINI ジョンクーパーワークス GP 新型スクープ写真
  • MINI ジョンクーパーワークス GP 新型スクープ写真
  • MINI ジョンクーパーワークス GP 新型スクープ写真
  • MINI ジョンクーパーワークス GP 新型スクープ写真
  • MINI ジョンクーパーワークス GP 新型スクープ写真
  • MINI ジョンクーパーワークス GP 新型スクープ写真
  • MINI ジョンクーパーワークス GP 新型スクープ写真
  • MINI ジョンクーパーワークス GP 新型スクープ写真
  • MINI ジョンクーパーワークス GP 新型スクープ写真
MINIが2017年のフランクフルトモーターショーで公開した『ジョンクーパーワークス GPコンセプト(JCW GP)』が市販されるようだ。生産型プロトタイプと見られる車両を、レスポンスの兄弟サイト、Spyder7のカメラが初めて捉えた。

究極の速さを求めたJCW GPは、2006年に初代、2012年に2代目が市販化されており、これが3代目となる。言わずと知れたMINIの高性能モデルJCWをベースに、さらなる高速レベルを求め誕生したレーシングモデルだ。この3代目では、これまででもっとも過激に進化を見せる。

捉えた開発車両は、巨大なウィングだけが装着されているJCWのテストミュールの段階だ。今後、生産へ向け、カーボンファイバー製フロントエプロン、立体型オーバーフェンダー&サイドエアロ、リアディフューザーなどアグレッシブなエアロパーツを装着していく可能性が高い。

パフォーマンスとしては、ベースモデルのJCWより最高出力が50~70psアップされ、280ps~300psへと、大きく向上すると見られる。予測価格は5万ドル(約560万円)以上で、2000~2500台の限定生産になると思われる。

ワールドプレミアは、2019年末が期待されている。

◆話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
http://spyder7.com/
《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集