ホンダ、CBR250R など12車種1万4000台をリコール 騒音ラベルに誤記

モーターサイクル 企業動向
ホンダCBR250R
  • ホンダCBR250R
  • 改善箇所
  • 改善箇所
タイホンダおよびホンダは7月27日、『CBR250R』など12車種の騒音ラベルに誤記があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは『CBR250R』『CRF250M』『VTR』『VTRタイプLD』『VTR-F』『CB400スーパーフォア』『CB400スーパーフォア ボルドール』『CB1300スーパーフォア』『CB1300スーパーフォア ボルドール』『NC750S』『ゴールドウイングF6C』『CB1300P』の12車種で、2014年3月5日~2018年6月5日に製造された1万4705台。

CBR250とCRF250は加速騒音値が正確に記載されていない。そのほかはそれに加え、騒音試験条件も記載されておらず、協定規則第41号の技術的な要件に適合しない。

改善措置として、全車両、騒音ラベルを正確なものに貼り替える。

関連会社および海外認可機関からの情報、自動車技術総合機構からの指摘により発覚した。

今年の鈴鹿8耐=“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレースが開幕、チームが揃う…
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集