エリーパワー、ヨシムラスズキMOTULのマシンに始動用リチウムイオン電池を供給 鈴鹿8耐

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
ヨシムラスズキMOTULレーシングのスズキGSX-R1000R
  • ヨシムラスズキMOTULレーシングのスズキGSX-R1000R
  • ヨシムラスズキMOTULレーシングのスズキGSX-R1000R
エリーパワーは、2018年FIM世界耐久選手権“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦する「ヨシムラスズキMOTULレーシング」のレースマシン、スズキ「GSX-R1000R」に、始動用リチウムイオンバッテリーを提供すると発表した。

同社はヨシムラジャパンとテクニカルスポンサー契約を締結した。

エリーパワーのバッテリーは、同容量の鉛バッテリーと比べて軽量で、始動用バッテリーに要求される高い安全性、優れた始動性、広い動作温度特性、長寿命が特長。これらの性能が認められ、採用が決定した。

FIM世界耐久選手権は、FIM(国際モーターサイクリスト連盟)が主催する、決められた時間内でどれだけ長い距離を走ったかを競うレースで、世界で最も過酷なロードレースの一つと言われている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集