MINIの市販EV、ティザースケッチ…2019年に発表へ

  • MINIは7月12日、2019年に発表予定のMINIの市販EVのティザースケッチを公開した。
エコカー EV
MINIの市販EV、ティザースケッチ…2019年に発表へ
  • MINIの市販EV、ティザースケッチ…2019年に発表へ
  • MINIの市販EV、ティザースケッチ…2019年に発表へ
  • MINI エレクトリックコンセプト
  • MINI エレクトリックコンセプト
  • MINI エレクトリックコンセプト
MINIは7月12日、2019年に発表予定のMINIの市販EVのティザースケッチを公開した。

MINIは2019年、市販EVをラインナップする計画。そのプレビューモデルが、2017年に発表されたMINI『エレクトリックコンセプト』。MINI『ハッチバック』ベースのEVで、将来の市販EVを示唆したコンセプトカーだった。

現時点で、MINIエレクトリックコンセプトのスペックは公表されていない。MINIによると、過去10年間で蓄積してきたBMWグループの電動車両のノウハウが導入されるという。

MINIは今回、2019年に発表予定の市販EVのティザースケッチを公開。2枚のスケッチの1枚が、フロントグリル。その六角形デザインはMINIのシグネチャーとなるデザイン要素。エンジンの冷却に配慮しないEVのため、グリル内部は閉じた状態になる。「Eバッジ」を備えた黄色のアクセントバーは、MINIのEVであることを示す。

2枚目のスケッチは、ホイールのデザイン。MINIエレクトリックコンセプトのホイールを受け継いだ形状。独特な非対称のねじれをデザインした、としている。

クルマの購入については、車両の調達から定期点検、車検、各種税金の支払い、事故対応など、車両に関わる事の大半をパッケージ化…
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集