世界初レースデビュー、ヤマハ YZ85LW が日本のクロスカントリーで5位に「弱点を解消」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
YZ85LW(JNCC 第5戦)
  • YZ85LW(JNCC 第5戦)
  • YZ85LW(JNCC 第5戦)
  • YZ85LW(JNCC 第5戦)
  • YZ85LW(JNCC 第5戦)
  • YZ85LW(JNCC 第5戦)
世界同時に発表されたばかりのヤマハ「YZ85LW」が、6月10日世界初のレースデビューを果たした。

舞台は、日本最大級のクロスカントリーシリーズJNCCの第5戦。YZシリーズの開発に携わってきた日本を代表するエンデューロライダー鈴木健二が、サプライズでライド。レースの1時間前までその事実は公表されず、ゼッケンも直前に貼り替える周到さ。

YZ85、YZ85LWはジュニアやレディスをターゲットにしたモトクロッサーだが、小柄な車格であることもあって、体格の小さなエンデューロライダーにも好まれる傾向にある。ピーキーな特性ゆえに、ビギナー向けとは言いがたかった旧モデルが一新、排気バルブYPVSを備えたことで中低速のトルクが向上し、多くのライダーにオススメできる特性に仕上がったという。

鈴木は持ち前のスキルと、中低速のトルクを活かして好スタートを切るものの、混戦には耐えきれず9番手での立ち上がり。燃料タンクも3時間のクロスカントリーを意識したものではないため、給油回数はライバル達の倍を数えるほどに。しかし、鈴木の持ち味である全開スロットルでのエンジン音は、いつもより大きくコースに響き渡り、なんと5位の成績を残すことができた。

「これまでYZ85は、高回転域でのパワーには勝るものの、低中速が扱いづらかったのですが、この新型でその弱点は解消されました。また、サスペンションや、スイングアームにも手が入っているため、車体もグレードアップしています」とのこと。今後YZ85でレースに出ることは考えていないそうだが、日本のクロスカントリーを盛り上げる企画に、ファンは大喝采であった。
《稲垣 正倫》

編集部おすすめのニュース

特集