伝説の カレラGT に迫るか…ポルシェ 718ケイマンGT4、高速テストで記録更新?

ポルシェ『718ケイマン』に設定されるハイパフォーマンスモデル『718ケイマン GT4』を、ドイツ・ニュルブルクリンクでカメラが捉えた。最新情報によると、新型「GT4」は、あの『カレラGT』並のパフォーマンス持つ事が発覚した。

自動車 ニューモデル 新型車
ポルシェ 718 ケイマンGT4 スクープ写真
  • ポルシェ 718 ケイマンGT4 スクープ写真
  • ポルシェ 718 ケイマンGT4 スクープ写真
  • ポルシェ 718 ケイマンGT4 スクープ写真
  • ポルシェ 718 ケイマンGT4 スクープ写真
  • ポルシェ 718 ケイマンGT4 スクープ写真
  • ポルシェ 718 ケイマンGT4 スクープ写真
  • ポルシェ 718 ケイマンGT4 スクープ写真
  • ポルシェ 718 ケイマンGT4 スクープ写真
ポルシェ『718ケイマン』に設定されるハイパフォーマンスモデル『718ケイマン GT4』を、ドイツ・ニュルブルクリンクでカメラが捉えた。最新情報によると、新型「GT4」は、あの『カレラGT』並のパフォーマンス持つ事が発覚した。

カレラGTは、ポルシェが2003年に発売したタルガトップタイプのスーパーカー。ミッドシップにマウントされるパワートレインは、最高出力612psを叩き出す5.7リットルV型10気筒エンジンだ。大排気量エンジンながら、カーボンボディにより1380kgという軽量に仕上げられていた。

このカレラGTが、2004年にニュルブルクリンク北コースで叩き出したレコードが7分28秒。新型GT4は高速テストの結果から、この記録に肉薄する7分30秒も狙える可能性がある、と現地からのレポートには記されていた。

捉えた開発車両は、フロントボンネット前部には、『GT3/GT3 RS』同様のワイドスリットが入り、冷却能力が高められる巨大なエアインテーク、サイドエアスクープ、大型リアウィングやリアディフューザー、赤いブレーキキャリパーなどが確認出来る。エアロパーツは、「718スポーツパッケージ」に標準装備されているものとは異なり、GT4専用パーツを装備する。

パワートレインは、『911 GT3』から流用される4リットル水平対向6気筒NAエンジンで、6速MTと組み合わされる。7速PDKはオプション扱いとなるはずだ。最高出力は、現行モデルの375psから410psまで高められると予想。0-100km/h加速は「718ボクスター スパイダー」と同レベルの3.9秒と思われ、こちらもスーパーカーレベルのパフォーマンスとなる。

ワールドプレミアの場は、早ければ10月のパリモーターショーが有力だ。

◆「デリカD:5」「ジムニー」「S2000」…話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集