日本導入も? ポロサイズのVW最小SUV「Tクロス」、5ドアボディをスクープ

自動車 ニューモデル 新型車

VW T-Cross(Tクロス)スクープ写真
  • VW T-Cross(Tクロス)スクープ写真
  • VW T-Cross(Tクロス)スクープ写真
  • VW T-Cross(Tクロス)スクープ写真
  • VW T-Cross(Tクロス)スクープ写真
  • VW T-Cross(Tクロス)スクープ写真
  • VW T-Cross(Tクロス)スクープ写真
  • VW T-Cross(Tクロス)スクープ写真
  • VW T-Cross(Tクロス)スクープ写真
フォルクスワーゲン最小クロスオーバーSUV『T-Cross(Tクロス)』市販型プロトタイプを、カメラが捉えた。同ブランドが2020年までに市場に投入予定の19のSUVのうちの1台となる。

Tクロスは、新型『ポロ』と同じくプラットフォーム「MQB A0」のスモールバージョンを採用するコンパクトSUV。2016年のジュネーブモーターショーでは、コンセプトモデル『Tクロス ブリーズ』を公開している。

コンセプトモデルでは2ドアオープンのSUVだったが、市販型では5ドアとなる。捉えたプロトタイプからは、生産型のヘッドライトやワイドなグリルが見て取れる。

現段階で最小SUVとなる『Tロック』よりも、さらに1.18インチ(30mm)短いホイールベースだが、大人5人が乗車可能だ。

パワートレインは、1リットル直列3気筒エンジン、1.5リットル直列4気筒エンジンの他、新型『ポロGTI』から流用される2リットル直列4気筒エンジンが予想される。

ワールドプレミアは、2018年内と予想される。確定情報ではないが、2020年までに日本発売となる可能性もあるという。

◆「デリカD:5」「ジムニー」「S2000」…話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集