中国版クラウン はマジェスタ ベースの専用デザイン…北京モーターショー2018[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー
トヨタ・クラウン皇冠(北京モーターショー2018)
  • トヨタ・クラウン皇冠(北京モーターショー2018)
  • トヨタ・クラウン皇冠(北京モーターショー2018)
  • トヨタ・クラウン皇冠(北京モーターショー2018)
  • トヨタ・クラウン皇冠(北京モーターショー2018)
  • トヨタ・クラウン皇冠(北京モーターショー2018)
  • トヨタ・クラウン皇冠(北京モーターショー2018)
  • トヨタ・クラウン皇冠(北京モーターショー2018)
  • トヨタ・クラウン皇冠(北京モーターショー2018)
トヨタ自動車は、4月25日から5月4日まで中国にて開催された北京モーターショー2018において、中国版『クラウン(皇冠)』を同ブースで展示した。

この中国版クラウンは、日本国内で2018年4月27日をもって販売を終了した6代目『クラウンマジェスタ』がベースとなっており、前後のエクステリアは、中国専用のデザインが採用されている。

ボディサイズは、全長5020mm、全幅1805mm、全高1480mmで、ホイールベースは2925mm。クラウンマジェスタと比べて、全長が50mm、全幅が5mm、全高が20mm拡大されている。

パワートレインには、全グレードで、2リットル直列4気筒DOHCターボエンジンが搭載されており、最高出力173kW、最大トルク350Nmを発揮する。

このエンジンは、国内専売の『クラウン アスリート』をはじめ、レクサス『IS』や『NX』に搭載されているエンジンと同型式のものだ。

価格は、現地価格で26万4800元から、日本円で約460万円から。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集