メルセデスベンツ CクラスLセダンにフルデジタルコクピットを設定…北京モーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
メルセデスベンツCクラスLセダン(北京モーターショー2018)
  • メルセデスベンツCクラスLセダン(北京モーターショー2018)
  • メルセデスベンツCクラスLセダン(北京モーターショー2018)
  • メルセデスベンツ CクラスLセダン(北京モーターショー2018)
  • メルセデスベンツ CクラスLセダン(北京モーターショー2018)
  • メルセデスベンツ CクラスLセダン(北京モーターショー2018)
  • メルセデスベンツCクラスLセダン(北京モーターショー2018)
  • メルセデスベンツCクラスLセダン(北京モーターショー2018)
  • メルセデスベンツCクラスLセダン(北京モーターショー2018)
メルセデスベンツは、中国で開催中の北京モーターショー2018で初公開したメルセデスベンツ『CクラスLセダン』に、フルデジタルコクピットを設定すると発表した。

同車は、2014年に発表された現行『Cクラスセダン・ロングホイールベース』の改良新型モデル。改良を機に、CクラスLセダンに車名を変更した。CクラスLセダンのホイールベースは2920mm。通常モデルに対して、80mm長くなっており、後席の居住性が引き上げられた

このCクラスLセダンでは、フルデジタルコクピットが選択可能。CクラスLセダンでは、2つの高精細ワイドディスプレイを設定。この2つのディスプレイを一枚のガラスカバーで融合したコックピットディスプレイとしており、さまざまな情報を分かりやすく表示する。

CクラスLセダンには、最新の『Sクラス』のコントロールコンセプトを導入。タッチコントロールボタン付きのマルチファンクションステアリングホイールを装備。クルーズコントロールの「ディストロニック」の操作などが行える。

さらに、インフォテインメントシステムは、音声アシスタントの「LINGUATRONIC」で操作可能。新たに触覚フィードバック機能が付いたタッチパッドでも操作できる。

5月16日開催【北京モーターショー報告と中国のEV、自動運転セミナー】
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集