レクサス ES 新型、第2世代セーフティシステム+採用…北京モーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
レクサス ES 新型(北京モーターショー2018)
  • レクサス ES 新型(北京モーターショー2018)
  • レクサス ES 新型(北京モーターショー2018)
  • レクサス ES 新型(北京モーターショー2018)
  • レクサス ES 新型
  • レクサス ES 新型
  • レクサス ES 新型
  • レクサスES新型
  • レクサスES新型
レクサスは、中国で開催中の北京モーターショー2018で初公開した新型レクサス『ES』に、第2世代の「レクサス・セーフティシステム+」など、最新の先進運転支援システム(ADAS)を採用すると発表した。

新型レクサスESの第2世代のレクサス・セーフティシステム+では、第1世代のレクサス・セーフティシステム+に採用している「単眼カメラ+ミリ波レーダー」の構成はそのままに、各機能を進化。事故の防止や交通事故死傷者のさらなる低減と、ドライバーの負担軽減を目指す。とくに新型ESでは、運転支援時にドライバーにとって自然で、安心感のある車両挙動を追求した。

「プリクラッシュセーフティ(PCS)」は、単眼カメラとミリ波レーダーの性能向上により、昼間の自転車や夜間の歩行者が検知可能に。自動車専用道路などにおいて、設定した車速内で前走車との距離を一定になるよう加減速制御するとともに、同一車線内中央を走行できるよう操舵を支援する「レクサス・コ・ドライブ」には、「レーダークルーズコントロール」や「レーントレーシングアシスト」が含まれる。

また、先行車や対向車を眩惑しないよう、ハイビームの照射を制御する「アダプティブハイビームシステム(AHS)」、カメラで主要な道路標識を読み取り、メーターとヘッドアップディスプレイ内に表示する「ロードサインアシスト(RSA)」も装備する。

さらに、駐車場などにおけるアクセルペダル踏み間違い時の衝突や、接近する後方車両との接触事故による被害の軽減を図る「パーキングサポートブレーキ」を採用。対後方歩行者にも対応し、リアカメラで歩行者を検知することで、衝突の危険がある場合には、警報およびブレーキ制御で被害軽減を図る。加えて、車両周辺の安全確認をサポートする「パノラミックビューモニター」などの先進運転支援システムを導入している。

5月16日開催【北京モーターショー報告と中国のEV、自動運転セミナー】
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集