フィアット 500X、インフォテインメントシステムを強化 CarPlay/Android Auto対応など

自動車 ニューモデル 新型車
フィアット 500X
  • フィアット 500X
  • 新世代ユーコネクト
  • 7インチ大型タッチパネル
  • Apple CarPlay Navi
  • AndroidAuto Music
FCAジャパンは2月22日、フィアットのスモールSUV『500X』を一部改良し、販売を開始すると発表した。

今回の仕様変更では、全モデルに最新世代のインフォテインメントシステム「ユーコネクト」を採用。5インチから7インチへとサイズアップした大型タッチパネルモニターを備え、視認性や操作性を大幅に向上させた。さらにApple CarPlayとGoogle Android Autoに対応。タッチパネルモニターなどを介して、目的地の検索や設定、ハンズフリー通話やメッセージの送受信、音楽再生などスマートフォンの機能が簡単に操作できる。また、センターコンソールのUSBポートを2ポートに増設した。

このほか、バイキセノンヘッドライトをはじめ、コーナリングフロントフォグランプ、クルーズコントロール、デュアルゾーン式フルオートエアコン、パドルスイッチ、レーンデパーチャーウォーニング(車線逸脱警報)、スタート&ストップシステムなどを全車に標準装備。なおドライブモードセレクターは今回の仕様変更からクロス プラスのみの装備となった。

ボディカラーは、ベージュ、ホワイト、レッド、ブルーに新色グレーを追加し、全5色を設定。価格はポップスターが292万7000円、ポップスター プラスが316万5000円、クロス プラスが343万5000円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集