VW ジェッタ 新型 に「Rライン」、スポーティ仕様を設定…デトロイトモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
フォルクスワーゲン・ジェッタ新型のRライン(デトロイトモーターショー2018)
  • フォルクスワーゲン・ジェッタ新型のRライン(デトロイトモーターショー2018)
  • フォルクスワーゲン・ジェッタ新型のRライン(デトロイトモーターショー2018)
  • フォルクスワーゲン・ジェッタ新型のRライン(デトロイトモーターショー2018)
  • フォルクスワーゲン・ジェッタ新型のRライン(デトロイトモーターショー2018)
  • フォルクスワーゲン・ジェッタ新型のRライン(デトロイトモーターショー2018)
  • フォルクスワーゲン・ジェッタ新型のRライン
フォルクスワーゲンは、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、新型『ジェッタ』の「Rライン」を初公開した。

Rラインは、フォルクスワーゲンの子会社のフォルクスワーゲンR社が、フォルクスワーゲンの市販車に特別なカスタマイズを施したモデル。最近のRラインは、内外装のドレスアップを主体にした仕様が中心となっており、日本でも『パサート』、『ゴルフヴァリアント』、『ティグアン』、『ザ・ビートル』、『ゴルフトゥーラン』などに、Rラインが用意されている。

フォルクスワーゲンは、『ゴルフ』のセダン版のジェッタの新型にも、さっそくRラインを設定。エクステリアには、専用グリルや前後バンパー、ブラック仕上げのドアミラーなどを装備。足元は専用アルミホイールで引き締められた。

また、インテリアには、Rロゴ入りスポーツシート、アルミトリム、ピアノブラックパネル、フラットボトムステアリングホイールなどを採用。メカニズム面では、「XDS」と呼ばれる電動ディファレンシャルが装備されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集