ベントレーがパイクスピークに挑む、SUVの ベンテイガ で参戦へ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ベントレー・ベンテイガ
  • ベントレー・ベンテイガ
  • ベントレー・ベンテイガ
  • ベントレー・ベンテイガ
ベントレーは1月18日、米国で6月に開催される「パイクスピーク国際ヒルクライム」に、SUVの『ベンテイガ』で参戦すると発表した。

パイクスピーク国際ヒルクライムは、米国コロラドスプリングスで1916年から開催されており、世界で最も有名なヒルクライムレース。競技は全長20kmのコースを一気に駆け上がり、タイムを競う。

標高はスタート地点が2800mで、ゴール地点が4300m。標高差1500m、コーナー数156。内燃機関で駆動する車両は、ゴール付近では標高の高さに起因する酸素不足により、パワーが約30%ダウンする。

ベントレーはこのパイクスピーク国際ヒルクライムに、SUVのベンテイガで参戦する計画。ベンテイガには、6.0リットルW12気筒ツインターボ(最大出力608ps、最大トルク91.8kgm)を搭載。トランスミッションは8速AT。駆動方式は4WD。動力性能は、0~100km/h加速が4.1秒、最高速が301km/h。SUVとして、世界屈指のパフォーマンスを持つ。

なお、パイクスピーク国際ヒルクライム参戦車両は、ベントレー・モータースポーツが開発を担当。車両の詳細やドライバーに関しては、後日発表する、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集