ホンダアクセス、CR-Z をタイムレススタイルにリノベーション…東京オートサロン2018に出展へ

自動車 ニューモデル モーターショー

Re:Z(アールイーゼット)
  • Re:Z(アールイーゼット)
  • ホンダアクセスブースイメージ
  • オデッセイ クロスクルーザー
  • N-BOX バーバパパコレクション
  • N-ONE チャムスコラボ
ホンダアクセスは、2018年1月12日から14日までの3日間、幕張メッセで開催される「東京オートサロン2018」に、6台のカスタマイズモデルを出展する。

ホンダアクセスはホンダ車専用の純正アクセサリーを開発、提供する会社として、カスタマイズパーツをはじめとするさまざまな製品を提供。今回の出展では、そのノウハウをベースに、多様化するクルマユーザーのニーズに応え、チューニングだけではない幅広い方向性でクルマの面白さ、クルマのある生活の楽しさを伝えるカスタマイズモデルを展示する。

ブースでは、初代ホンダ『Z』をヒントに、『CR-Z』をタイムレスなスタイルにリノベーションした2シーターハッチバック『Re:Z』、洗練された車旅を楽しむための『オデッセイ』ベースのプレミアムクロスオーバーミニバン「オデッセイ クロスクルーザー」といったスタイリングのカスタマイズを、クルマ先行層へ提案する。

さらに、世界中で愛されている絵本「バーバパパ」(『N-BOX』)や若者に人気のアウトドアブランド「CHUMS」(『N-ONE』)、アニメ「けものフレンズ」(『フィット』)とのコラボモデルを展示。カスタマイズによるクルマの楽しみの幅広さを体感できるブースとなっている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集