トヨタとパナソニック、EV向け電池事業で協業へ

トヨタ自動車とパナソニックは12月13日、車載用角形電池事業の協業について検討を開始すると発表した。

エコカー EV
調印式
  • 調印式
  • 調印式
  • 調印式
  • 調印式
  • 調印式
トヨタ自動車とパナソニックは12月13日、車載用角形電池事業の協業について検討を開始すると発表した。

中国が電動車の販売を一定割合で義務づける規制を2019年より開始するなど、EVへのシフトがグローバルで加速している。今回の協業はこうした流れに対し、自動車および電池の国内トップメーカーが手を組み、先行する海外勢に対抗するのが狙いだ。

トヨタとパナソニックは1996年、初代『プリウス』の量産開始に伴い、HV用ニッケル水素蓄電池などを製造する「パナソニックEVエナジー」を共同で設立。以来、信頼し合えるパートナーとして支え合ってきた。今回の協業は従来の枠を超えて、電動車の需要拡大に応えるため、その中核となる車載用電池の進化を目指すためのものとなる。

今後、両社は業界ナンバーワンの車載用角形電池を実現し、トヨタのみならず、広く自動車メーカーの電動車の普及に貢献すべく、具体的な協業内容を検討していく。


トヨタ自動車の豊田章男社長とパナソニックの津賀一宏社長は12月13日、東京都港区のホテルで共同記者会見を開き…
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集