国産セダンの存在が薄れつつある中、魅力的なモデルが登場した…飯田裕子【カーオブザイヤー2017-18】

今年の一台を決める第38回「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

自動車 ビジネス 国内マーケット
トヨタ『カムリ』(COTY2017 試乗会)
  • トヨタ『カムリ』(COTY2017 試乗会)
  • 第38回「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018」トヨタ『カムリ』
  • 第38回「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018」トヨタ『カムリ』
  • 第38回「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018」10ベスト選出車種
今年の一台を決める第38回「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

モータージャーナリストの飯田裕子氏はトヨタ『カムリ』に10点を投じた。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。

☆☆☆

ミニバンやコンパクトカー、軽自動車。最近はSUVも新たなカテゴリーとして人気を集める日本の自動車市場は、とくに国産の4ドアセダンの存在が薄れつつあったことは否めない。

そんな中、デザイン性、気取らない上質さ、実用性。そして肩の力を抜いて心地よくドライブが楽しめるドライブフィールなど、すべてにおいてバランスのとれた魅力的な4ドアセダンが登場したと感じた。

カムリは「ちょっといいクルマに乗りたい」という気持ちを身近なカーライフを支え、豊かにしてくれそうな良質な国産、いやグローバルな4ドアセダンだと思う。

☆☆☆

全投票点数
トヨタ『カムリ』:10点
ホンダ『N-BOX/N-BOX カスタム』:5点
BMW『5シリーズ セダン/ツーリング』:5点
ボルボ『XC60』:4点
スズキ『スイフト』シリーズ:1点

飯田裕子|モータージャーナリスト
自動車メーカーでOLをした後、フリーの自動車ジャーナリストとして駆け出し、そのキャリアは10年以上。現在の仕事を本格的に始めるきっかけは、OL時代に弟(レーサーの飯田章)と一緒に始めたレース。その後、女性にもわかりやすいCar & Lifeの紹介ができるジャーナリストを目指す。独自の視点は『人とクルマと生活』。免許を取得した神奈川では“一人一台"、東京では“一家に一台"のクルマ生活を経験し、2年半の北米生活をはじめ海外のCar & Life Styleにも目を向けている。同時に安全とエコの啓蒙活動にも積極的に取り組んでおり、ドライビングインストラクターとしての経験も10年以上になる。 現在は雑誌、ラジオ、TVなど様々なメディアで様々なクルマ、またはクルマとの付き合い方を紹介するほか、ドライビングスクールのインストラクター、シンポジウムのパネリストやトークショーなど、活動の場は幅広い。
《出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP》

編集部おすすめのニュース

特集