ポルシェ パナメーラ ワゴン、680hpのPHV公開【ロサンゼルスモーターショー2017】

ポルシェは11月29日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー2017において、『パナメーラ ターボS・Eハイブリッド スポーツツーリスモ』をワールドプレミアした。

自動車 ニューモデル モーターショー
パナメーラ ターボS・Eハイブリッド スポーツツーリスモ(ロサンゼルスモーターショー2017)
  • パナメーラ ターボS・Eハイブリッド スポーツツーリスモ(ロサンゼルスモーターショー2017)
  • ポルシェ パナメーラ ターボS・Eハイブリッドスポーツツーリスモ
  • ポルシェ パナメーラ ターボS・Eハイブリッドスポーツツーリスモ
  • ポルシェ パナメーラ ターボS・Eハイブリッドスポーツツーリスモ
  • ポルシェ パナメーラ ターボS・Eハイブリッドスポーツツーリスモ
  • ポルシェ パナメーラ ターボS・Eハイブリッドスポーツツーリスモ
ポルシェは11月29日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー2017において、『パナメーラ ターボS・Eハイブリッド スポーツツーリスモ』をワールドプレミアした。

同車は、新型『パナメーラ』のシューティングブレーク、『パナメーラ スポーツツーリスモ』シリーズにおいて、最もパワフルなプラグインハイブリッド車(PHV)となる。

エンジンは、『パナメーラ ターボ スポーツツーリスモ』用の4.0リットルV型8気筒ツインターボ。最大出力550hpを発生する。モーターは最大出力136hp。エンジンとモーターを合わせたシステム全体で、680hpのパワーと86.7kgmのトルクを引き出す。

トランスミッションは8速PDK。動力性能は0~100km/h加速が3.4秒、最高速が310km/h。ハイブリッドモジュールに統合されたデカプラーは、エレクトリッククラッチアクチュエーターを介して、電気機械的に作動。その結果、短いレスポンスタイムと高い快適性を実現したという。

二次電池は、蓄電容量14.1kWhのリチウムイオンバッテリー。EVモードでは、最大49kmをゼロエミッション走行可能。欧州複合モード燃費33.3km/リットル、CO2排出量69g/kmと、優れた環境性能を備える。また、充電は、2.4~6時間で完了する。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集