ダイムラーのカーシェア、自動運転EV利用に向けて準備開始

エコカー EV
ダイムラーの自動運転EVによるカーシェアのイメージ
  • ダイムラーの自動運転EVによるカーシェアのイメージ
ダイムラーは11月7日、ポルトガルのリスボンで開催中の「ウェブサミット2017」において、子会社の「car2go」(カーツーゴー)が都市部での自動運転EVによるカーシェアリングの実現に向けて、準備を始めていると発表した。

car2goは2008年10月、ダイムラーが発表した新しいカーシェアリングシステム。car2goは、とても簡単な方法で車両が借りられるようにした点が特徴。1回登録しておけば、あとは携帯電話やパソコンから、いつでも予約が可能。車両は専用駐車場に用意され、電子チップを埋め込んだ免許証をウィンドウの読み取り機にかざすだけで、車両のロックは解除される。

今回ダイムラーは、car2goが都市部での自動運転EVによるカーシェアリングの実現に向けて、準備を始めていると発表。その実現のための重要な要件が、需要予測。これは、いつ、どこで自動車が必要になるかを、事前に予測するもの。car2goは現在、26都市で1万4000台の車両を運用しており、自動運転化に向けて、需要予測が従来以上に重要になるという。

car2goの Olivier Reppert CEOは、「自動運転車の使用は、カーシェアリングをステーションベースからフリーフローティング方式へ変え、カーシェアリングをさらに飛躍させるだろう」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集