【東京モーターショー2017】ハーレーダビッドソンのトライクを実体験した女性スタッフがアテンド

自動車 ニューモデル モーターショー

トライクをライディング体験した新山春華さん。
  • トライクをライディング体験した新山春華さん。
  • ハーレーダビッドソンブース
  • トライクをライディング体験した新山春華さん。
  • ハーレーダビッドソンブース
  • ハーレーダビッドソンブース
  • ハーレーダビッドソンブース
東京モーターショー2017、ハーレーダビッドソンのブースは四輪MT免許で乗れるトライクが飾られている。『フリーウィーラー』と『トライグライドウルトラ』だ。

フロント1輪、リア2輪のトライクは「改造車ではないの?」と思われがちだが、ハーレーダビッドソンは昔から純正トライクをラインナップしてきたメーカーであり、日本では2014年2月から正規ディーラーでの取扱いをスタート。新車を安心して購入できるようになっている。

フリーウィーラーはシンプルなストリップスタイル、トライグライドウルトラはフルドレッサーとし、いずれもエンジンは排気量1745ccのVツイン。トルクフルなのはもちろん、鼓動感、サウンドにこだわった「ミルウォーキーエイト」という最新パワーユニットを搭載する。

3輪なので車体を足で支える必要がなく、体格や体力を問わずに誰でも乗れるのが魅力。バックギヤが付いているので取り回しの心配も要らない。

ブースではアクティブな女性たちが出迎えてくれるが、来場者にしっかりアテンドできるよう、予め自分たちもトライクを実体験してきたという気合いの入れよう。

該当する免許を持っている新山春華さんは、クローズドコースでフリーウィーラーをライディング。「安定感があり、風を切って走るのは楽しかった」と振り返る。他の女性たちもトライグライドウルトラのリアシートに乗って、そのコンフォート性を確かめた。

なので、ハーレーダビッドソンのトライクに興味がある人は、ぜひ女性スタッフに声をかけてみてほしい。きっとトライクの楽しさをキュートな笑顔とともに話してくれるはずだ。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集