日産、欧州急速充電網を2割拡大へ---住宅との双方向充電も可能に

エコカー EV

日産自動車が欧州におけるEVのさらなる普及を目指す新戦略、「Nissan Futures 3.0」を発表
  • 日産自動車が欧州におけるEVのさらなる普及を目指す新戦略、「Nissan Futures 3.0」を発表
  • 日産自動車が欧州におけるEVのさらなる普及を目指す新戦略、「Nissan Futures 3.0」を発表
日産自動車は10月2日、欧州におけるEVのさらなる普及を目指す新戦略、「Nissan Futures 3.0」を発表した。

Nissan Futures 3.0は、新型『リーフ』の欧州発売に合わせて導入されるもの。EVの普及に欠かせないインフラ整備などに重点を置いている。発表イベントをノロウェイのオスロで開催した。

日産は、今後1年半以内に、欧州における充電ステーションの拠点数を20%拡大する計画。日産はすでに急速充電の「CHAdeMO」を使用して、欧州全体で4600以上の急速充電ネットワークを構築している。今後1年半以内に、さらに1000か所に急速充電器を設置するために、投資を行う予定。

さらに日産は、ドライバーだけでなくエネルギー消費者が、電力の使用や貯蔵だけでなく、余った電力を電力網に戻すなど、個人用のエネルギーハブとして活用できる「V2G(ビークル・トゥ・グリッド)」システムを欧州市場に導入する計画。

日産のEV『リーフ』などの大容量リチウムイオンバッテリーに蓄えられた電力は、電力供給システムを通じて、安全かつ簡単に一般住宅に供給。EVを住宅から充電するだけでなく、住宅に電力を供給する双方向充電を可能にしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集