【フランクフルトモーターショー2017】MINI、EVコンセプト初公開へ…2019年に市販

エコカー EV

MINI エレクトリックコンセプト
  • MINI エレクトリックコンセプト
  • MINI エレクトリックコンセプト
  • MINI エレクトリックコンセプト
  • MINI エレクトリックコンセプト
  • MINI エレクトリックコンセプト
BMWグループのMINIは8月30日、MINI『エレクトリックコンセプト』の概要を明らかにした。実車は9月12日、ドイツで開幕するフランクフルトモーターショー2017で初公開される。

MINIは2019年、市販EVをラインナップする計画。MINIエレクトリックコンセプトは、この市販EVを示唆したコンセプトカーとなる。MINIは2008年に、MINI『ハッチバック』ベースのEV、『MINI E』を設定したことがある。しかし、このEVは試験車両的な意味合いが強く、航続や重量などの性能面に課題があった。

しかし、このMINI Eの技術が、「i」ブランドの市販EV『i3』の開発に生かされた。MINIエレクトリックコンセプトのスペックは公表されていないが、過去10年間で蓄積してきたBMWグループの電動車両のノウハウが導入される。

MINIエレクトリックコンセプトは、3ドアハッチバックボディ。六角形のフロントグリルは、空力特性を追求するために、閉じられたデザイン。これは、電気駆動ユニットが冷却のための空気を、内燃機関ほど必要としないため。

また、このフロントグリルをはじめ、ドアミラーやボディサイド、ホイール、ルーフには、イエローのアクセントを配した。MINIによると、これはMINI Eを彷彿とさせるものだという。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集