BMW 8シリーズ、市販モデルの姿を激写…LED光らせ公道テスト

自動車 ニューモデル 新型車

BMW 8シリーズ スクープ写真
  • BMW 8シリーズ スクープ写真
  • BMW 8シリーズ スクープ写真
  • BMW 8シリーズ スクープ写真
  • BMW 8シリーズ スクープ写真
  • BMW 8シリーズ スクープ写真
  • BMW 8シリーズ スクープ写真
  • BMW 8シリーズ スクープ写真
  • BMW 8シリーズ スクープ写真
BMWの最高級クーペとして登場する『8シリーズ』のプロトタイプを目撃。今回は、市販型のLEDヘッドライトを装着した状態での、初めての公道テストの様子をカメラで捉えることに成功した。

1990年から1999年まで生産された初代8シリーズから、20年振りの復活となる新型は、ワイド&ローデザインを基調とし、グラマラスなリアビューを特徴としている。

これまでダミーだったヘッドライトには、『3シリーズ』新型などに採用される、スクエアデザインの次世代LEDリングが装着されている他、カモフラージュされているワイドなキドニーグリルは、コンセプトモデルのように左右連結されたデザインとなる可能性が高いという。

また、フロンドエンドは丸みを持たせず垂直になり、リアバンパーにあった大口エアアウトレットも消えており、かなり現実的なデザインが採用されるようだ。

パワートレインは、2リットル直列4気筒ツインターボエンジン、3リットル直列6気筒ターボエンジン、そしてハイエンドには4.4リットルV型8気筒エンジンやプラグインハイブリッドもラインナップされる。

さらに高性能モデルの「Mパッケージ」、頂点には最強「M8」も設定される。

市販型のワールデビューは2018年3月のジュネーブモーターショー。発売は秋以降となるだろう。

◆新エンタメスクープ情報メディア『Spyder7』をチェック!!
《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集