【ルマン24時間】トップ独走の1号車ポルシェにもトラブル発生、大荒れの展開

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2017ルマン24時間レース
  • 2017ルマン24時間レース
  • 2017ルマン24時間レース
  • 2017ルマン24時間レース
日本時間の18日22時にゴール予定の2017ルマン24時間耐久レース。チェッカーまで残り4時間を切ったところで、トップを快走していたNo.1ポルシェ「919ハイブリッド」にトラブルが発生。優勝確実と思われていた1号車がストップする大波乱の事態となった。

序盤からトヨタ勢と激しいトップ争いを演じていた1号車ポルシェ。ナイトセッションの間に立て続けにトヨタ勢を襲ったトラブルにより、トップに浮上。2番手以下がLMP2クラスで10周以上もの大量リードがあったこともあり、このまま走りきれば優勝は確実と思われていた。

ところが、残り3時間50分というところで、突然パワーを失いスローダウン。また不運なことにトラブル発生場所がコース序盤のテルトルルージュ付近ということで、ピットに戻るまで10km以上走らなければいけない。スティントを担当していたアンドレ・ロッテラーもできる限りの対策を施すが、ユノディエールの第2シケインを通過したところでストップ。そのままマシンを降りた。

これにより、総合トップはLMP2クラスのNo.38ジャッキー・チェンDCレーシングが浮上することになるのだが、その2周後方に2号車ポルシェが追い上げ中。またNo.8トヨタ「TS050ハイブリッド」も11番手まで挽回してきている。

今年は例年より暑いコンディションになっており、それが影響している可能性が非常に高い。チェッカーまで残り3時間。誰も予想していなかったサバイバルレースに突入していきそうだ。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集