【MotoGP 第4戦スペイン】ホンダが1-2、ドゥカティは表彰台100回達成

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

MotoGP第4戦スペインGPはRepsol Honda Teamが今季初の1-2フィニッシュ。
  • MotoGP第4戦スペインGPはRepsol Honda Teamが今季初の1-2フィニッシュ。
  • MotoGP第4戦スペインGP MotoGPクラスで優勝したダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)。
  • MotoGP第4戦スペインGP MotoGPクラスで優勝したダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)。
  • MotoGP第4戦スペインGP MotoGPクラスで優勝したダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)。
  • MotoGP第4戦スペインGP MotoGPクラスで優勝したダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)。
  • MotoGP第4戦スペインGP MotoGPクラスで2位を獲得したマルク・マルケス(Repsol Honda Team)。
  • MotoGP第4戦スペインGP MotoGPクラスで2位を獲得したマルク・マルケス(Repsol Honda Team)。
  • MotoGP第4戦スペインGP MotoGPクラスで3位入賞を果たしたロレンソ(Ducati)。
ダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)にとって、第4戦スペインGPは完勝といえるものだった。

7日の決勝日、ヘレスサーキットは気温が28度まで上がり、路面温度は40度を超えるというタイヤに厳しいコンディション。しかしペドロサは、地元ファンからの大きな声援もあって、圧倒的な速さを披露した。

好スタートを切るとそのまま一気にペースを上げ、27周のレースでトップの座を他者に一度も譲ることなく、真っ先にチェッカーを受けた。ポール・トゥ・ウィンだ。

2位にはチームメイトのマルク・マルケスが入り、『Repsol Honda Team』にとっては2015年ドイツGP以来2年ぶりの1-2フィニッシュを達成。

3位はホルヘ・ロレンソ(Ducati)で、ドゥカティは今シーズン初の表彰台を獲得。これでドゥカティのMotoGP通算表彰台登壇回数は、節目となる100に達した。

ダニ・ペドロサ(MotoGP 優勝)のコメント

「ヘレスで優勝することができてとてもうれしい。まさに、スーパーハッピーな気分だ。大好きなサーキットで、家族と友人、そしてすばらしいファンがいる前で優勝することができた。今大会は、レースウイークを通じて順調だったし、どのセッションもすばらしい気分だった」

「レースも完ぺきだった。今日は優勝する自信があったので、スタート前に少し緊張した。しかし、うまく集中できたし、スタートも決まった。ただ、今日の路面コンディションはあまりよく、フロントはかなりスライドした。フロントはミディアムの方がフィーリングはよかったし、決勝でも、ミディアムの方がペースはよかったかもしれない。しかし、決勝はハードを選んだ。その判断に満足している。今日はマルク(マルケス)が後ろでプッシュし始めたときに、それまでのギャップをキープする走りに徹した。とにかく、限界を超えず、転ぶことだけは避けようと決めた。それがうまくいって、こうして優勝できた」

「今大会はグランプリ3000戦という記念すべきレースだった。1000回大会は(アンヘル)ニエト、2000回は(ミック)ドゥーハン、そうした伝説のライダーたちに続いたことはとても名誉だ」

マルク・マルケス(MotoGP 2位)のコメント

「ヘレスで2位になれてとてもハッピーだ。このサーキットは、自分にとってあまり得意なサーキットではないが、高いレベルで戦うことができた。これからのシーズンを考えるととてもポジティブなことだ」

「今日のダニは、本当に速かった。今週はウエットでもドライでも速くて、セッションをこなすごとに彼との差を縮めることに成功したが、彼のペースをキープするのはとても難しいことだった。今日は、彼を追ってプレッシャーをかけようとしたが、何度か危ない瞬間もあり、バレンティーノ(ロッシ)とマーベリック(ビニャーレス)のポジションを確認しながら、2位をキープすることにした。今日のような暑い気温と路面コンディションでハードを選択したが、今日は、それでも柔らかいフィーリングだった」

「4戦を終えて、トップと4点差になり、完全にチャンピオンシップの戦いに戻ることができた。今日は母の日(スペインでは7日が今年の母の日)なので、この結果を母に捧げる」

ホルヘ・ロレンソ(MotoGP 3位)

「ここまでの3戦は複雑なレースが続いてしまったが、今日は地元のファンの前で表彰台に立つことができた。30歳の誕生日に最高のプレゼントとなった。今日の3位表彰台は、本当に大変な思いをして掴んだので、これまで何度も勝ち取ってきた優勝以上に嬉しい。ヘレスはデスモセディッチと相性が良いとは言えない。そんな場所で表彰台に上れたのだから、歓びもひとしおだ」

「正直に言うと、表彰台争いに絡めるとは思っていなかった。フロントタイヤの選択がカギだったと思う。スタートでは、目の前にかなりのライダーがいてちょっとしたカオス状態だった。だが、簡単に諦めるつもりもなかったからこそ、ザルコをオーバーテイクして3位になれたのだと思う。この数カ月はかなり厳しかったが、自分を信じる気持ちをずっと持ち続けてきた。チームも一貫して僕を信用してくれている」
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集