マツダ CX-3、タイランド・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞

自動車 ビジネス 海外マーケット

バンコクモーターショーでのプレゼンテーション
  • バンコクモーターショーでのプレゼンテーション
  • バンコクモーターショーでのプレゼンテーション
マツダは3月28日、コンパクトクロスオーバーSUV『CX-3』がタイ自動車ジャーナリスト協会(TAJA)が主催する「タイランド・カー・オブ・ザ・イヤー2016」を受賞したと発表した。

同賞の選考対象は、2015年10月1日から2016年9月30日までにタイ国内で生産・発売された自動車。40名以上の自動車ジャーナリストによる採点の結果、10車種の最終候補の中から、CX-3がタイランド・カー・オブ・ザ・イヤー2016に選出された。

CX-3は、SKYACTIV技術とデザインテーマ「魂動(こどう)」を全面採用した新世代商品の第5弾モデル。上質かつスタイリッシュなデザイン、使いやすさを追求したサイズとパッケージング、優れた走行性能を高次元で融合している。今回受賞したCX-3は、2015年10月にマツダの現地生産拠点「オートアライアンス(タイランド)」で生産を開始し、2016年にはタイ国内で年間4787台の販売台数を記録している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集