レクサス、インド市場へ参入…RX450h など3車種を販売開始

自動車 ビジネス 海外マーケット

レクサス RX450h(日本仕様)
  • レクサス RX450h(日本仕様)
  • レクサス LX450d
  • レクサス ES300h
  • グルガオンのLEXUSディーラー
  • レクサス ES300h
  • レクサス ES300h
  • レクサス ES300h
  • レクサス ES300h
レクサスはインド市場への参入を発表、専売店4拠点とアフターサービス専門施設4拠点を開設し、『RX』『ES』『LX』の3車種を3月24日より発売した。

開業時に導入する車種は、ラグジュアリークロスオーバー『RX450h』、ダイナミックかつ上質な走りと優れた燃費性能を実現したラグジュアリーセダン『ES300h』、高い走破性と快適性を兼ね備えたフラッグシップSUV『LX450d』の3車種。さらに2018年には、フラッグシップセダン『LS』を発売する。

レクサスは、高品質な作り込みや個性的なデザインとともに、優れた環境性能とパフォーマンスを兼ね備えるハイブリッドモデルを中心にインド市場へ参入する。専売店は、ニューデリー、グルガオン、ムンバイ、ベンガルールの4都市に開設。また、チャンディーガル、ハイデラバード、チェンナイ、コーチには、アフターサービス用の専門施設を設置し、専任のセールスマネージャーが販売を担当するとともに、24時間365日対応のカスタマーコールセンターを設け、質の高いサービスを提供する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集