欧州カーオブザイヤー、プジョー 3008に栄冠…C-HR と マイクラ は届かず

自動車 ビジネス 海外マーケット

プジョー3008は欧州カーオブザイヤーを受賞した(ジュネーブモーターショー2017)
  • プジョー3008は欧州カーオブザイヤーを受賞した(ジュネーブモーターショー2017)
  • 欧州カーオブザイヤーの歓びを語る(ジュネーブモーターショー2017)
  • プジョー3008GT(ジュネーブモーターショー2017)
  • アルファロメオ ジュリア(ジュネーブモーターショー2017)
  • プジョー3008(ジュネーブモーターショー2017)
  • トヨタ C-HR(ジュネーブモーターショー2017)
欧州カーオブザイヤー主催団体は3月6日、「カーオブザイヤー2017」を、プジョー『3008』に授与すると発表した。

欧州カーオブザイヤーは、今年で30回目。欧州の20か国以上、約60名のジャーナリストが、欧州市場で発売予定の車を含めた新型車の中から、ベストな1台を選出する。

欧州カーオブザイヤー2017の結果は以下の通り。

●プジョー3008(319点)
●アルファロメオ ジュリア(296点)
●メルセデスベンツEクラス(197点)
●ボルボS90(172点)
●シトロエンC3(166点)
●トヨタC-HR(165点)
●日産マイクラ(135点)

プジョー3008が300点を超えるポイントを得て、カーオブザイヤー2017を獲得。日本車からは、トヨタ『C-HR』と新型日産『マイクラ』(日本名『マーチ』)の2台が、最終選考の7台に残っていた。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集