【キャンピングカーショー2017】5つの見どころ…300台以上が出展 2月2~5日

自動車 ニューモデル モーターショー
キャンピングカーショー2016
  • キャンピングカーショー2016
  • キャンピングカーショー2016 
  • 「第5回キャンピングカーアワード」を演出家のテリー伊藤さんが2年連続で受賞
  • ピーターさんが第1回「普及貢献賞(個人賞)」を受賞
  • 「普及貢献賞(団体賞)」BS日テレ番組「キャンピングカーで日本の旅」
ジャパンキャンピングカーショー2017年実行委員会は2月2~5日の4日間、千葉市の幕張メッセで『ジャパンキャンピングカーショー2017』を開催する。同種のイベントでは日本最大・アジア最大級の、300台以上のキャンピングカーや車中泊仕様車が展示される。

今年の見どころは、(1)日産が近日の発売を視野に入れている「グランピングカー」、(2)レンタルキャンピングカー試乗会、(3)全長8m超えの超大型キャンピングカー、(4)ペット旅からシェルターまで、キャンピングカーの底力を再発見する「企画展」、(5)キャンピングカーのビジネス活用を検討してもらうための「ビジネスデイ」など。

2月2日には、キャンピングカーアワード授賞式を開催。受賞者には演出家のテリー伊藤氏が決まっている。また、今回が1回目となる普及貢献賞は、個人賞に歌手・俳優・タレントとして活躍するピーター氏が、団体賞にBS日テレ番組「キャンピングカーで日本の旅」が選ばれている。

入場料は、当日入場券が一般(高校生以上):1000円などだが、ジャパンキャンピングカーショー2017の公式サイトから事前に申し込めば無料だ。ペット同伴入場が可能で、ペットケア費は1頭500円となっている。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集