テスラ、米当局の調査報告に声明…「自動運転に欠陥なし」を高く評価

自動車 テクノロジー 安全
テスラ・モデルS
  • テスラ・モデルS
米国で2016年5月、テスラ『モデルS』が自動運転モードで走行中、ドライバーが死亡する事故が起きた。米当局の「自動運転機能に欠陥なし」との調査報告を受けて、テスラモーターズが声明を発表している。

声明の中で、テスラモーターズは、「我々は米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)の報告書と結論を、高く評価している」と述べた。

この事故は2016年5月、米国フロリダ州で発生。テスラモーターズのEV、モデルSの顧客が自動運転モードで走行中、大型トレーラーに衝突する事故を起こし、ドライバーが死亡した。

今回の事故は、自動運転モードで走行中、大型トレーラーがモデルSの前方を横切る形で起きた。テスラによると、太陽光が強かったために、ドライバーも自動運転機能も白い色のトレーラーを認識できず、ブレーキが作動しないまま、トレーラーの下に潜り込む形で衝突した。

なお、テスラモーターズはこの事故を受けて、自動運転機能をアップデート。自動運転中は、ドライバーに手をハンドルに置くよう促し、ドライバーが注意を無視してハンドルから手を離すと、オートステアリングを無効にした。この機能は停車するまで使用できなくなり、オートステアリングを再び使用するには、車のシフトを一度パーキングに入れる必要がある。

テスラモーターズは、「顧客の安全が最優先」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • テスラ モデルS の死亡事故、「自動運転機能に欠陥なし」…米当局 画像 テスラ モデルS の死亡事故、「自動運転機能に欠陥なし」…米当局
  • 【新聞ウォッチ】「自動運転」話題沸騰、警察庁は法整備へ、ホンダはGMと共同開発検討 画像 【新聞ウォッチ】「自動運転」話題沸騰、警察庁は法整備へ、ホンダはGMと共同開発検討
  • 自動運転車による事故の損害賠償責任のあり方を検討へ 画像 自動運転車による事故の損害賠償責任のあり方を検討へ
  • テスラの急速充電、「スーパーチャージャー」…性能を大幅向上へ 画像 テスラの急速充電、「スーパーチャージャー」…性能を大幅向上へ

特集