【東京オートサロン2017】クラリオン、FDSのコントロール機能を搭載した9型大画面ナビを17年中に発売

自動車 ニューモデル モーターショー

クラリオンが2017年中にも発売を予定しているFDSコントロール機能付9インチAV一体型ナビのコンセプトモデル。下は別売のFDSプロセッサー「Z3」
  • クラリオンが2017年中にも発売を予定しているFDSコントロール機能付9インチAV一体型ナビのコンセプトモデル。下は別売のFDSプロセッサー「Z3」
  • 4画面がクロスする部分を指でなぞると画面サイズを切り替えられる
  • 画面を“クワッド”の4画面にした状態。これで各画面は4.4インチ相当になる
  • 一番大きい画面を6.7インチ相当にした状態。それぞれの画面にタッチすると即座に切り替わる
  • 操作部本体下の「2017 Consept Model」の下に隠されている。パネルを開くとディスクドライブが現れるという
  • クラリオンのブースは、四方を通路となっていることから立地は最高の場所となった
クラリオンが今最も力を入れてるのが究極の原音再生を実現したFDS(フルデジタルサウンドシステム)だ。東京オートサロンのクラリオンブースでは、そのコントロール機能を備えた9型大画面ナビをコンセプトモデルとして参考出展。2017年中にも発売を予定する。

この製品は、FDSへのコントロールも可能にしながらIoT時代に向けた新たなヒューマン・マシン・インターフェース(HMI)を備えたのが特徴となっている。モニターは地デジ並みのHD解像度(1280×720ドット)を持ち、この解像度を活かした新たなインターフェイスを実現したというわけだ。

それは、複数の画面を同時に表示させる「クワッドビュー」という新機能だ。これまでのカーナビでは、操作ボタンを地図情報の上に重ねて表示していたが、このモデルではそれぞれの機能を4分割して同時表示。指によるタッチ操作でその表示比率を自在に変更できるため、複数の機能を一つの画面表示することも可能となっている。

画面サイズは指の操作で必要に応じて変えられ、均等4分割(4.4インチ相当)や4分の3(6.7インチ相当)表示などが選べる。コンセプトモデルでは実現していなかったが、二本指でタッチすると全画面への切り替えられる機能も備わる予定だ。また、オーディオ画面をメインで使っているときに、ナビ上での案内情報が入ると自動的にナビ画面が多く区切り替わったりもするという。

よく解像度が上がると“小さな文字まで鮮明に表示できる”といったメリットを訴えることもあるが、走行中に小さな文字を表示してもあまりメリットは実感しにくい。その意味でコンセプトモデルが提案している新たなHMIはナビの操作系を買える大きな一歩となる可能性もあり得ると言っていいだろう。

注意すべきはFDSとの連携はあくまでコントロール機能のみということ。プロセッサーは内蔵していないため、別売のプロセッサー「Z3」を組み合わせる必要はある。それでも手元で、しかも大きな画面上でコントロールでき、音量やトラックサーチなどの基本操作をステアリングリモコンで行えるようになるメリットは大きい。

その他、CD/DVDディスクドライブを備え、同軸のデジタル出力端子も装備。映像コンテンツにはHDMI端子とストリーミングの両方に対応予定でいるという。また、「スマートアクセス」にも対応して、クラウド接続による目的地検索などが行える点も見逃せない。取り付ける際の周辺キットについては特に用意はせず、当面は既に9インチ搭載車から対応していく予定だという。
《会田肇》

編集部おすすめのニュース

特集