【トヨタWRC】大物ドライバー人事、続々と決定…前VWのラトバラは来季トヨタ入り

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
ラトバラ(左)はトヨタに移籍、ハンニネン(左から2人目)とともに来季のWRCに参戦する。右端はチームを率いるマキネン代表、右から2人目はテストドライバーのラッピ。
  • ラトバラ(左)はトヨタに移籍、ハンニネン(左から2人目)とともに来季のWRCに参戦する。右端はチームを率いるマキネン代表、右から2人目はテストドライバーのラッピ。
  • VW時代のラトバラ。
  • トヨタの2017年陣容が明らかになった。向かって左の3人は、コ・ドライバーを務める面々。
  • トヨタのWRC参戦車「ヤリスWRC」。
  • テスト中のヤリスWRC。
  • テスト中のヤリスWRC。
  • テスト中のヤリスWRC。
  • ヤリスWRCと、豊田章男氏、T.マキネン氏(11月に富士スピードウェイで開催されたTGRFにて)。
来季2017年に向けて、世界ラリー選手権(WRC)の大物ドライバー人事が続々と決定中。前フォルクスワーゲン(VW)ワークス選手である通算16勝のヤリ-マティ・ラトバラは、来季ワークス復帰するトヨタに加入することが発表された。

VWの今季限りでの突然のワークス撤退によって宙に浮いた格好のドライバーのうち、王者セバスチャン・オジェはMスポーツ/フォード入りが決定(既報)。そしてラトバラは、復帰するトヨタを新天地とすることが決まった。これは13日にトヨタが来季体制の詳細を公表したなかで、最近噂になっていたラトバラ起用が正式発表となったもの。

ラトバラはトヨタ加入の喜びを次のように語っている。

「2001年にトヨタのカローラGTでラリーの道に入り、2003年に最初に乗ったワールドラリーカー(WRカー)はカローラWRCだった。だから、いろいろな意味で『ここに帰ってきた!』と感じている。TOYOTA GAZOO Racing WRCチームの参戦初年度からチームに加わり、一緒に新しい冒険に挑戦できるのは非常に幸運なことだと思う。多くの勝利を積み上げていきたい」

今季までの4シーズンをVWで走っていたラトバラは、フィンランド出身の31歳でWRC通算16勝。チャンピオン獲得経験はないが、シリーズ2位に3回輝いている。今季はシリーズ6位と低迷したが、現在のWRCでは4連覇王オジェに次ぐ大物と評していい存在だ。トヨタは大きな戦力を得たといえるだろう。

もうひとりの実戦レギュラードライバーは、既に発表されているユホ・ハンニネン(フィンランド出身35歳)。そしてテストドライバーとして若手のエサペッカ・ラッピ(フィンラン出身25歳)が加わることも新たに発表されている。彼らがトミ・マキネン(1996~99年WRC王者)らの指揮のもと、トヨタにとって18年ぶりのワークス参戦となるシーズンを戦う。

開幕戦モンテカルロ(1月19~22日)までは既に約1カ月と迫る状況の2017年WRC。TOYOTA GAZOO Racing WRCチームの総代表でもある豊田章男トヨタ社長は「残り1カ月、WRC開幕のその瞬間までトミ(マキネン)をはじめとするフィンランド、ドイツ(TMG)そして日本の負け嫌いなチームメンバーたちが最後まで努力を続けてまいります。負け嫌いなTOYOTA GAZOO RacingのWRCへの挑戦への応援をよろしくお願いいたします」とコメントしている。
《遠藤俊幸》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース