【日産 ノートe-POWER】燃費はクラス最高の37.2km/リットル…リーフ と同じモーター採用

エコカー EV
日産 e-POWERのカットモデル
  • 日産 e-POWERのカットモデル
  • 日産 仲田直樹パワートレイン主管
  • 日産 ノートe-POWER
  • ノートe-POWER
日産自動車は11月2日、エンジンを発電のみに使う「シリーズ式」のハイブリッド車(HV)『ノートe-POWER』を同日発売すると発表した。この方式のHV乗用車は、国内で初めてとなる。

車両の駆動は電気自動車(EV)と同じでモーターのみで行う。電気はエンジンを発電機につないで得るほか、減速時の回生エネルギーも発電に使いバッテリー(リチウムイオン電池)に蓄える。

注目の燃費は37.2km/リットル(JC08モード)で「このカテゴリーでは最も高い」(カルロス・ゴーン社長)性能を確保した。エンジンとモーターの両方を駆動に使う「パラレル式」を採用するトヨタ自動車『アクア』の37.0km/リットルを上回る。

ノートe-POWERのエンジンは、従来のノートの1.2リットルエンジンを一部改良して採用している。バッテリー(リチウムイオン電池)の容量は、1.5kWhと小さく、同社のEV『リーフ』(30kWh)の20分の1とし、コストの圧縮にもつなげている。一方で、モーターは最大出力80kWのリーフと同じものを流用し、コンパクトカーでは十分な走行性能を確保したという。

開発を担当したパワートレイン技術開発本部の仲田直樹・パワートレイン主査は「コンパクト車に適したモーター駆動方式。開発ではリーフの技術ノウハウを生かすことで、コンパクトなシステム構成にできた」と話す。先行開発は2006年から手掛けており、14年度からの開発プロジェクトで商品化に漕ぎつけた。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース