【パリモーターショー16】メルセデスAMG、ハイパーカー開発中…F1エンジン搭載へ

自動車 ニューモデル 新型車
メルセデスAMGのハイパーカーの予告スケッチ
  • メルセデスAMGのハイパーカーの予告スケッチ
ドイツの高級車、メルセデスベンツの高性能車部門、メルセデスAMG。同ブランドから、F1のパワートレインを載せた市販車が登場することが分かった。

これは9月28日夜(日本時間9月29日朝)、メルセデスベンツがフランスで開催したパリモーターショー16のプレビューイベントで明らかにしたもの。「F1技術をそのまま、公道走行車に反映させたメルセデスAMGのハイパーカーを開発中」と発表している。

メルセデスAMGのハイパーカーの最大の特徴が、F1マシンのハイブリッドパワートレインを搭載すること。メルセデス AMG ペトロナスは、2016年シーズンのF1に『W07 ハイブリッド』で参戦中。このパワートレインが市販車に搭載されるとすれば、驚異的なパフォーマンスと予想される。

なお、メルセデスAMGは、このハイパーカーの予告スケッチを1点のみ公開。「ロードゴーイングレーサー」と呼ぶべきアグレッシブなフォルムが見て取れる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集