【MINI コンバーチブル】MINIを感じさせながらも、洗練されたデザインに

自動車 ニューモデル 新型車
MINI コンバーチブル
  • MINI コンバーチブル
  • MINI コンバーチブル
  • MINI コンバーチブル
  • MINI コンバーチブル
  • MINI コンバーチブル
  • MINI コンバーチブル
  • MINI コンバーチブル
  • MINI コンバーチブル
MINI『コンバーチブル』はどこから見てもMINIと感じさせながらも、洗練されたデザインになっているという。

「コンパクトなクルマで、きびきびと、屋根を開けてオープンエアで走る。MINIは、クラシックMINIの時代からそういったドライビングエクスペリエンスを提供してきた」とは、ビー・エム・ダブリューMINIディビジョンプロダクト・マーケティング・マネジャーの岡田信之氏の弁。

「BMWとして発売したMINIの世代でも、基本となる3ドアモデルの次に登場したのがコンバーチブルだった」とし、MINIラインナップ上重要な位置づけであることを強調。そして、「初代、2代目とも全世界で16万台を販売し、プレミアムスモールセグメント唯一のオープンというポジションを確立した」という。

3代目MINIコンバーチブルのデザインは、2014年に発売した3ドアモデルをベースにしている。そのフロントはどこから見てもMINIとわかるデザインで、「丸形のヘッドライト、6角形のラジエーターグリルが特徴だ」と岡田氏。また、テール部分でも縦型に左右に配されたテールライトも同様だ。

その一方、「バンパーとボディのフィニッシュをなめらかにしたり、ラジエーターグリルのフレームをつなぎ目のないシングルフレームにしたりなど、ディテールにこだわってデザインすることで、モダンで最新のデザインのクルマにも感じてもらえるだろう」と話す。

安全面に関しても、万が一の横転時には、これまでと同様、ロールオーバープロテクションシステム、ロールオーバーバーが瞬時に飛び出してくる。岡田氏によると、「この部分を新設計にすることにより、ボディと一体化したデザインを採用することが可能になった」とし、「ここからも洗練された最新のデザインであることが感じられるだろう」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集