VW、PHEVモデル第2弾 パサートGTE 発売…EV走行距離51.7kmを実現

自動車 ニューモデル 新型車
VW パサート GTEアドヴァンス
  • VW パサート GTEアドヴァンス
  • VW パサート GTEアドヴァンス
  • VW パサート GTEアドヴァンス
  • VW パサート GTEアドヴァンス
  • VW パサート GTEアドヴァンス
  • VW パサート GTEアドヴァンス
  • VW パサート GTE
  • VW パサート GTE
フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、『ゴルフGTE』に続くプラグインハイブリッド(PHEV)モデル第2弾『パサートGTE』シリーズを6月7日より発売する。

パワートレインは、最高出力156psを発生する1.4リットルのTSIエンジンと、最高出力116psの電気モーターを内蔵した6速DSGで構成。駆動用バッテリーは、外部充電が可能なエネルギー容量9.9kWhのリチウムイオンバッテリーを採用している。

走行モードは、「EV」「ハイブリッド(HV)」「GTE」の3種を用意。EVモードでは、輸入PHEVモデル最長となる51.7kmの航続距離を実現。さらに電気モーターだけで最高時速130kmまでの加速を味わうことができる。また、エンジンと電気モーターを効率よく駆動して走行するHVモードでは、21.4km/リットル(JC08モード)の低燃費を達成。GTEモードでは、エンジンと電気モーターのパワーを最大限に引き出したスポーティな走りを実現。0-100km/h加速7.4秒という俊足を披露する。

また、デジタルメータークラスターの「アクティブ インフォ ディスプレイ」やヘッドアップディスプレイをVWモデルとして初採用。さらに機能向上した駐車支援システムやアラウンドビューカメラなどの先進技術も新たに採用している。

価格は、セダンタイプのGTEが519万9000円、アップグレード仕様のGTEアドヴァンスが579万9000円、ステーションワゴンタイプのGTEヴァリアントが539万9000円、アップグレード仕様のGTEヴァリアント アドヴァンスが599万9000円。車両購入時には、10万8000円のクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費の適用を受けられる。
《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース