ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダ アコード プラグインハイブリッド
  • ホンダ アコード プラグインハイブリッド
  • ホンダ アコード プラグインハイブリッド
  • ホンダ アコード プラグインハイブリッド
ホンダは、同社で唯一のプラグインハイブリッド車(PHV)である『アコード プラグインハイブリッド』の生産を3月に終了したと明らかにした。2013年6月に日本を中心にリース販売を開始していたが、数量が伸び悩んだことなどから終了した。

アコードのPHVは、同車のハイブリッドモデルと同じ2モーター式システムを採用したもので、PHVとしての複合燃費(国土交通省審査値)は70.4km/リットルだった。13年に個人向けリースを開始した際の販売価格(売り切り時)は税込みで500万円に設定していた。日本での累計登録数は238台で、このほか米国でも少量をリースした。

今後のPHVについては、八郷隆弘社長が16年2月の記者会見で18年までに北米で新モデルを投入する計画を公表している。この3月に発売した燃料電池車(FCV)『クラリティ フューエル セル』とプラットフォーム(車台)を共用化して開発を進めている。FCVとPHVは、ともに生産量の少ない先進分野だが、コスト低減のため「少しでも量をまとめていきたい」(八郷社長)考えだ。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集