熊本地震による鉄道の運休区間、500km以下に…市電は全線再開

鉄道 企業動向

熊本市電は20日から全線での運転を再開した。
  • 熊本市電は20日から全線での運転を再開した。
  • 熊本市電は20日から全線での運転を再開した。
国土交通省や鉄道各社局などの発表によると、熊本地震の影響で運休中の鉄道路線は、4月20日18時の時点で500kmを割り、428.7km(営業距離ベース)となった。

●JR線
JR九州 九州新幹線 博多~新水俣 194.1km
JR九州 鹿児島本線 熊本~八代 35.7km
JR九州 豊肥本線 肥後大津~豊後竹田 65.4km
JR九州 肥薩線 八代~吉松 86.8km
JR九州 三角線 宇土~三角(※全線) 25.6km

●私鉄・公営・第三セクター
熊本電気鉄道 菊池線 上熊本~北熊本 3.4km
南阿蘇鉄道 高森線 立野~高森(※全線) 17.7km

九州新幹線のうち新水俣~鹿児島中央間は、所定ダイヤより本数を減らして運転を再開。熊本市電も全線での運転を再開したが、安全確保のため徐行運転を行っており、所定ダイヤに戻るまで時間がかかるとみられる。

送電トラブルで19日の運転を見合わせた熊本電鉄は、上熊本~北熊本間を除き運転している。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集