九州・熊本で震度7の地震…九州新幹線など運転見合わせ

鉄道 企業動向
気象庁によると4月14日21時26分、熊本県で大きな地震があった。震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は推定6.4。その後も余震とみられる地震が続いている。

JR九州が同日23時10分時点の情報として案内しているところによると、九州新幹線が博多~鹿児島中央間の全線で運転を見合わせているほか、鹿児島本線の玉名~八代間、久大本線の日田~天ケ瀬間、豊肥本線の熊本~宮地間、肥薩線の八代~人吉間、三角線の宇土~三角間も運転を見合わせている。

くま川鉄道は21時53分、地震のため運行を中止したと発表した。熊本市交通局は23時09分、終電まで全ての運行を見合わせると発表し、翌日の運行は「状況がわかり次第お知らせいたします」としている。肥薩おれんじ鉄道も地震の影響で運転を見合わせている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集